売りたい方はこちら 神戸市北区の不動産 ホームマーケット流通|【ホームマーケット流通】神戸市北区の不動産売買情報サイト!

店舗情報 スタッフ紹介
0120596213

お電話での
お問い合わせ

【営業時間】10:00~19:00 【定休日】水曜日・GW・夏季・年末年始

早く売りたい方、お任せください!

早期売却といえば ホームマーケット流通

  • 売れる価格を
    ご提案!

    ホームマーケット流通は売主様に良い条件で早期売却をしていただくために必ず「売れる価格」をご提案します。
    だから失敗しないのです!

  • 両手仲介に
    こだわらない!

    ホームマーケット流通では販売開始からすべての不動産会社さんに平等に情報を公開します。その分販売の間口が一気に広がり早期売却へ繋がります。

  • 不動産売買専門の
    担当スタッフ

    が親身にサポート!売主様はもちろん買主様や司法書士、金融機関などあらゆる方面のお取引関係者と密に連絡を取り合い円満に進めていきます。

安心安全な早期(約3ヶ月以内)の売却を実現

販売期間中はお問合せ情報なども逐一ご報告しており、みなさまにご安心してお任せいただいております!

ホームマーケット流通で、購入希望のお客様をご紹介!

当社で購入を検討されている方は、 6組 いらっしゃいます。

キャラクター画像
  • 戸建

    【ご希望の条件】

    星和台、鳴子で中古戸建を探しています。リフォームも検討していますので、建物の状況は問いません。

    間取り 4LDK ~ 5LDK以上
    面積
    築年数
    予算 1,500万円~2,500万円
    地域 星和台、鳴子
  • 土地

    【ご希望の条件】

    北五葉限定で土地を探しています。古家付きでも大丈夫です。

    間取り
    面積
    築年数
    予算 ~2,000万円
    地域 北五葉
  • 土地

    【ご希望の条件】

    北五葉1~3丁目で戸建建築用地を探しています。 50坪程度が希望です。

    間取り
    面積
    築年数
    予算 1,500万円~2,500万円
    地域 北五葉
  • マンション

    【ご希望の条件】

    北五葉パークホームズ、ライオンズマンション西鈴蘭台第3、ルイシャトレ西鈴蘭台限定で探しています。

    間取り 3LDK ~ 4LDK
    面積
    築年数
    予算 ~2,000万円
    地域 西鈴蘭台
  • 土地

    【ご希望の条件】

    谷上駅から徒歩圏で一戸建の建築用地を探しています。

    間取り
    面積
    築年数
    予算 ~3,000万円
    地域 箕谷、谷上
  • マンション

    【ご希望の条件】

    鈴蘭台中学校区でマンションを探しています。 出来れば4LDKの間取りが希望です。

    間取り 3LDK ~ 4LDK
    面積
    築年数
    予算 1,000万円~2,000万円
    地域 北五葉小、鈴蘭台小
詳細な売却相談・価格査定は、下記からお気軽にお問合せ下さい!

ホームマーケット流通は不動産売却にこだわります!

  • 不動産売買専門の担当スタッフが対応します。
  • 売却の流れをわかりやすくご説明します。
  • 早く、高く売却するためにはプロセスがあります。
  • 早く、高く売却するためにリフォーム・リノベーションのご提案もします。
  • 業者様も含め、情報を広く公開します。

ご相談から売却までの流れ

売却のご検討・ご相談

売却価格の適正な査定や売出しタイミングのアドバイスなど、お客様の要望にあったご売却を親身にお世話させていただきます。

調査・査定

スタッフが不動産の現状を把握し、市場の流通性を分析した上で、価格を査定いたします。(無料価格査定サービス)

媒介契約の締結

お客様との間で締結される売却活動依頼の契約です。契約をしても費用が発生するということはありませんのでご安心ください。

売却活動

athomeやSUUMO等の全国規模のポータルサイトを中心としたインターネットによる広告活動を積極的に展開。早期ご売却に向けての販売宣伝活動を行います。

不動産売買契約「

購入希望者が見つかったら、価格や引渡し条件の調整を行い、不動産の売買契約を締結します。

残代金決済

買主様より売買代金を受け取り、登記を申請すれば、不動産の引渡しです。
この時に成果報酬としての仲介手数料を頂きます。

不動産売却のQ&A

不動産会社に依頼する時、地元と地元以外の不動産会社に依頼するポイントは何ですか?

メリットとデメリットがあります。

【地元の不動産会社に依頼するメリット】

不動産を売却する時には、ほとんどのお客様が地元の不動産会社に依頼します。

それは、売主様の多くが地元に入る広告を参考しているからです。
又、地元にお店がある方が何かと相談しに行き易いと言う事です。

※ここがポイント!
地元不動産会社の営業マンは地元に居住してるケースが多く、不動産だけではなく地域の情報にも精通しているから、購入希望者からのお問合せに関してもスムーズに対応できます。

それに、地元以外のお客様にも説明出来る、納得材料が豊富なのです。

買主様は、インターネットでお家を探します。
ですが、購入者の大半は、地元のお客様です。
地元の買主様・地元の売主様の橋渡しが得意なのが地元の不動産会社なのです。

【地元以外の不動産会社に依頼するデメリット】

地元以外の不動産会社に売却を依頼している売主様もおられます。

例えば買替で購入したのが地元以外の不動産会社だったり、知合いに紹介してもらったり、手数料が安いチラシを見ただったり、色んなケースがあります。

売主様がどこの不動産会社を選ぶのも自由です。

不動産業界に昔から言われている言葉が有ります。
「案内なくして、成約なし」
要するに、お家を見ないで買う方はいませんと言う事です。

空家のケースが分かり易いのでこれを例に挙げます。
鈴蘭台に空家のお家が有り、その空家を売却依頼されたのが、三宮の不動産会社です。

ご案内予約のお客様が、加古川から来られました。
数件予約していたお家を見て回りましたが、ピンと来る家が有りませんでした。
せっかく来たので、他にもないですかとの事で、色々検索していると、鈴蘭台にこれは?と言う空家がるので、見れるなら見たいとの事。

早速、その三宮の不動産会社に連絡を入れて、案内方法を確認すると、物件はありますが、鍵が三宮にあるので、取りに来て下さいとの事でした。
今の時間は渋滞している可能性もあるので、今から鍵を取りに往復1時間かけて行く時間もなく、そのお家の案内はあきらめました。

地元以外の不動産会社に売却を依頼すると、こんな事が以外に多いのです。
それを解消する為に、現地にキーボックスを設置したり、地元の不動産会社に鍵を預かってもらう等の対応をしいている不動産会社もあります。

なぜ、こんな事をしないといけないかと言うと、地元に事務所がないからです。
地元以外の不動産会社に依頼してはダメと言っている訳ではありません。

※ここがポイント!
地元以外の不動産会社に依頼する場合は、必ず一般媒介契約と言う依頼方法で地元の不動産会社を1社以上加えて下さい。
それでも何かと理由を付けて専任媒介契約を迫って来たら、お客様の利益より自分の利益を優先している証拠なので、お断りすればいいと思います。
地元業者は、一般でも専任でもいやな顔せず喜んでお預りさせて頂きます。これが地元業者の本音です。

そんな事だけで、デメリットは解消されるのです。本当に簡単な事なのです。
私が言うのも何ですが、地元の業者さんは、地元を大切にしているから、親切な不動産会社が多いのです。

不動産をいい条件で売る為にはどうしたらいいですか?

まずは、ご相談して下さい。

不動産売買をビジネスとしているプロ(業者)がたくさんいます。
①.新築一戸建を分譲する建売業者。
②.宅地を開発して分譲する業者。
③.中古マンション、中古一戸建を買取って、リフォームして販売する業者。
④.競売物件を取得して販売する業者。

一部上場企業から個人事業主まで規模は様々ですが、これらの業者に一つだけ共通している事があります。
それは売り方です。

不動産売買をビジネスとしているプロはどこも同じような売り方をしています。
販売方法から仲介を依頼する不動産業者との付き合い方まで、どこの業者も少しでも高く少しでも早く売りたい訳ですから売り方が似てくるのは当然ですよね。

では一般の売主様はどうでしょうか?
不思議なことに、不動産売買のプロとは違う売り方をしています。
どちらも同じ不動産という商品を少しでも高く、少しでも早く売りたいと考えているのに不思議ですよね。

なぜ不動産売買のプロと一般の売主様では売り方が違うのでしょうか?
これは、不動産売買の知識の差と経験の差です。

本来であれば、一般の売主様に不動産を高く売るためのノウハウを教えるのが不動産仲介会社の役目であるはず。
ですが、現実にはそれをしている不動産仲介会社が少ないのが現実です。

なぜでしょうか?
それは、売主様にとってメリットのある売り方と、不動産会社にとってメリットのある売り方が違うからです。

売主様の不動産を少しでも高く少しでも早く売ることが、売主様と不動産会社の共通の目的になっていません。
そこに大きな問題があるのです。

では、どうしたらいいのでしょうか?
答えは簡単です。
一般の売主様も不動産売買のプロの売り方を学ぶことです。
このノウハウは決して難しいものではありません。
ルールさえ知れば誰でも不動産売買のプロと同じ結果を出すことができるのです。

売却成功のコツはありますか?

第一印象をよくする事です。

不動産に限定すると、一番大切な事は第一印象を良くする事です。
第一印象が悪いと、まず、お話が進みません。

余談:男女の恋愛では、第一印象が悪くても、長く付き合えば、その人の良さが分かって結婚しましたって言うお話、良く聞きますよね。
でも不動産は違います。長く付き合いませんから・・・。

まずは、部屋の掃除と整理整頓を行いましょう。
庭やバルコニーのお手入れ、家の前の道路などにも気を配りましょう。

どうせ売却するのだからといった理由で、電球や蛍光灯が切れている状態のままでいる場合にはすぐに交換して下さい。

窓も拭いておいた方が部屋の中が明るくなります。
薄暗く見えるというのはマイナスポイントです。

また、引越しで捨てる予定の物があれば事前に処分して下さい。
室内が広く見えるので印象が良くなります。

まずは状態の良い住まいを維持する事です。
手入れの行き届いた住まいは、住んでいても気持ちがいいですよね。
これが大切なのです。

例えば、築20年位の家であればこれぐらいは傷んでいるかな~と思うイメージでお客様は見に来られます。
個人差はありますが、そのイメージより良ければ売れる可能性は高いです。
又、築10年しか経っていないのに家が年数相応より傷んでいると売れにくいです。

悪いギャップより、いいギャップを与えるのがポイントです。
自分が買う立場になった場合、汚い家より綺麗な家を選ぶのは当然だと思います。

もうひとつ大切なのが、適正な価格での販売を行う事です。
又、居住中のご案内の場合は、家と共に売主様自身が購入者の決断のポイントとなる事もありますので、是非笑顔でお出迎え下さい。

居住中の不動産売却はとにかく気を使うものです。
例えば、いつ何時お客様が見に来られるか分からない状況ですから、日頃より、室内の片付けを心がけなければならないという義務感が出てきます。
この状況で生活を営むのは本当に疲れます。

そこで、もう少し気持ちを楽に持って頂く為に、何箇所かのポイントを押さえる事でこの義務感から開放する事が出来ます。
当社では、売却依頼時にそのポイントを伝授致します。

不動産会社はどうやって選んだらいいですか?

不動産会社選びで最も重要なのは情報公開を積極的に行っているかどうかです。
適切な価格設定と情報公開をすれば、不動産会社の規模や営業マンの力の差は関係なく売れるからです。

全ての不動産会社が不動産登録・検索サイト「レインズ」を利用しています。
レインズにアクセスすれば瞬時に日本全国の不動産情報を取得出来ます。
買主様が望む情報はもとより、売主様の物件情報もレインズを利用すれば一瞬にして全国の不動産会社に告知することが出来ます。

※「レインズ」とはReal Estate Information Network Systemの略で、国土交通大臣から指定を受けた不動産流通機構が運営しているコンピュータネットワークシステムの事です。
簡単に言えば、不動産会社専用の不動産登録・検索サイトです。

レインズの目的は、不動産情報を一元化する事により消費者の利便性をはかること、そして情報公開を促すことにより消費者の利益を向上させることです。
レインズに登録すると、自社・他社関係なしに同時に買主様を探すことになります。
それこそがレインズの意図することであり、売主様にとっても魅力なのです。

しかし、不動産会社が売主様から売却依頼を受けてもすぐにレインズに登録しなかったり、図面登録しなかったり、図面登録しても見にくい汚い図面だったり、登録しても「商談中」「契約予定」と称して、他の不動産会社からの案内依頼を断ったり、売主様がわからない事をいい事に情報を提供しない不動産会社があるのも事実です。

言いにくい事ですがこれは大手不動産会社でも中小不動産会社でも当然の事のようにあります。
売主様の利益より自社の利益を優先する会社が多いのです。
不動産取引にとってタイミングはとても重要です。

特に中古物件の取引ではタイミングを逃すと数ヶ月売れなくなったり、大幅な値引きを余儀なくされたりと大きな損害を被ります。
だからこそ、レインズの趣旨を良く理解しあなたの代わりに正しく運用してくれる不動産会社を選ぶ必要があるのです。

問題は、媒介契約(売却依頼契約の事)を結んだ後、その不動産会社があなたの代理人として誠実に行動してくれているかどうかが分からない事です。

レインズを見て売却依頼を受けている会社への問い合わせても、「図面作成中」「商談中」「契約予定」といって、その不動産会社が物件を隠しても売主様には分かりません。

大手不動産会社だから大丈夫だろう、親切そうな営業マンだから大丈夫だろう、と思っていてもその実態を売主様が知ることは出来ません。
その結果、不動産会社に好き放題に扱われ、売れないのは時期が悪いから、売れないのは価格が高いからとあおられ、不必要な値引き強要されていくのです。

では、どうすればレインズのメリットを最大限に引き出してくれる不動産会社を見つけることができるのでしょうか?

それは、あなたが売却を依頼しようとする不動産業者に、「レインズに登録する際、他業者への広告掲載(ネット含む)を可にしてもらえますか?」と聞いてみることです。

レインズの魅力は登録するだけで全国の不動産会社に情報が行き渡ること。
そして、それぞれの不動産会社が独自に広告宣伝してくれることです。

それぞれの不動産会社が自社のホームページやネット広告、チラシ掲載をするには、売主様から売却依頼を受けている不動産会社の許可が必要となります。
その許可を、あなたが売却依頼しようと考えている不動産会社が与えているかどうかを確認することです。

売主様の利益を最優先に考えている不動産会社であれば、何のちゅうちょもなくOKしてくれる事でしょう。
自社だけで広告(HP等含む)活動するより、1社でも多くの他の不動産会社が広告(HP等含む)活動した方が早く売れる確率が高くなるからです。

それに対して、様々な理由をつけて他社の広告掲載を拒否する不動産会社は、あなたの利益より自社の利益を優先している会社と言う事です。
そんな不動産会社はレインズに登録しても形式だけ。

他社からの問い合わせがあっても「商談中」「契約予定」と称して、自社でお客様が見つかるまであなたの大切な不動産は放置されることになります。
なかには、他社の広告宣伝も大丈夫ですよ、といいながら実際には許可を与えないという悪質な業者もいます。
又、チラシ広告はいいが、インターネット広告はダメとか・・・?
今の時代、反響のほとんどがインターネットなのに、そんな事を言う会社がすごく多いのも事実です。

ですから、媒介契約を結んだ後もチェックが必要です。
もし、あなたの物件が他社のホームページ等に掲載されていなければ、それは他社の広告を拒否している証拠です。
そんな不動産会社との媒介契約は早めに解除することです。

問題は、レインズのような売れるシステムがあっても、不動産業者が適切に運用しなければ、売れないということです。
又、この様な事は、専属専任媒介契約・専任媒介契約であればおこりうる事ですが、一般媒介契約にして2社以上に売却依頼すると、かなりの確率で情報が広まります。
これが、不動産業界にいるからこそ分かる真実です。

会社によって査定価格が違うのはなぜですか?

①.現実的に売れる価格での査定価格。
②.売主様に気に入ってもらうための査定価格。
③.媒介契約(売却の依頼契約)を取得したい為の査定価格。

こんな分類にすると分かり易いと思います。

売主様の多くが、査定価格の高い不動産会社が良い会社だと思っています。
高い査定価格を提示する会社に好意を持つのは当然かもしれません。
売主様にとって不動産は大切な財産ですから、少しでも高く売りたいのは当たり前です。

◆ここで注意◆
高い査定価格を付けても不動産会社には責任がないので、いくらでも高い金額提示が出来ますが、買取査定はそう言う訳にはいきません。
ここが、一般査定と買取査定の違いです。
高い査定=買取査定ではないと言う事を認識しておいて下さい。

不動産会社の査定はだいたい同じ様な方法で行います。
同じ物件を同じ時期に同じ様な方法で査定しているから、本来なら査定価格は同じ様になるはずです。

ところが、この査定価格には信じられないですが大きな開きが有ります。
これが上記の①.②.③.です。
どんなに優秀な査定ソフトを使っても、査定する人の裁量で査定価格はいくらでも操作出来ると言う事です。

長年不動産業界にいて思う事、これは、一番大切なのは査定のもとになるデータ(成約事例・売出中物件)との比較をする事です。

実は、不動産会社は査定ソフトやマニュアルを使わなくても、レインズの取引事例と現在の競合物件をみれば、だいたいの金額は予測出来ます。
査定書はこれを書面にして、つじつまを合わせているだけの事なのです。

この膨大なデータを基に、自分が買主だったらいくらなら購入するか?
冷静に第三者の目で自分の不動産を比較してみることです。
その上で不動産会社の意見を聞く。
これが本当に正しい査定の方法です。

そうすれば、売却依頼欲しさの査定は簡単に見破れます。
この不動産会社は本当にこの価格で売る気があるのか、それとも売却依頼が欲しいためだけに都合のいい話をしているのかが手に取るようにわかります。

大切なことは自分の頭で考え、そして冷静に判断することです。

売却に関するお役立ち情報

ページの先頭へ